• ホーム
  • 結婚相談所の良さと、問題点

結婚相談所の良さと、問題点

最近は結婚相談所に入会して、積極的に結婚相手を探す人が増えてきました。
結婚相談所の入会後の流れですが、まずカウンセリングで相手に求める条件や結婚観などについて聞かれ、それを元に自分のデータが作成されます。
結婚相談所によってお相手探しの方法は異なり、最初に作った自分のデータを元に条件に合う相手をパソコンで自動的にマッチングして紹介されるケースもあれば、仲介の役目を果たす仲人やアドバイザーなどが、会員の人となりを見て相性の良さそうな人を探しだす方法、さらに会員自身がパソコンなどで自由に検索してお見合いしたい相手を探す方法があります。

どの方法にしても、自分の理想とする相手を探しやすいというメリットがあります。
結婚生活は長く、相手との関係を良好に保ち続けるには好きという感情だけでは成り立っていきません。
しっかりと生活出来る基盤を作り、相手の両親や親族とも良い関係を続けなければ辛くなります。
そういった意味でも相手の仕事や年収、親や親族など詳しい情報を結婚前から把握しておいた方が安心なのですが、結婚相談所の場合はこれらの条件も含めて相手を探せるので、結婚後に「こんなはずではなかった」と感じる事も少なくなります。

さらに結婚相談所に入会するには審査が必要です。
中途半端な気持ちで入っている人はおらず、審査に通った人だけが活動しているので、常識的な人と出会う事が出来ます。
男女ともに真面目な出会いを求めているので、お見合い後に交際へと発展した際は、その流れのまま成婚に至るケースが多く、お相手さえ見つかれば結婚が決まるのも早いです。
他にも多数の異性からお相手探しが出来るというメリットや、婚活が上手くいかない場合は仲介してくれる仲人が第三者の立場として適格なアドバイスをしてくれるので心強く感じられるといったメリットがあります。

逆に結婚相談所の問題点を挙げるとすれば、やはり金額が高い事です。
入会金や月会費、成婚料など結婚相談所によって支払う金額も異なりますが、それなりの費用を支払う必要があるので、もし良い人に出会えなかった場合はリスクが高くなります。

そして結婚相談所は結婚相手を見つけるサービスなので、ルールを守って活動しなければいけません。
もしお見合いから交際へと発展した場合は交際期間が3ヶ月と定められている事が多いです。
ゆっくりと決めていきたいと感じる人の場合は、少し焦りを感じてしまうかもしれません。
また人によって感じ方も違うので、活動中に仲人から助言されるような事があると窮屈に感じてしまう人もおり、自分の思うように活動したい場合は不向きと言えます。

関連記事