• ホーム
  • 出会い系サイトやアプリの実態

出会い系サイトやアプリの実態

いわゆる出会い系サイトは昔のようにいかにもいやらしいものばかりではなく、現在は色々なものがあります。
例えばペアーズやオミアイなどの婚活を目的としたアプリも一応出会い系サイトの一種になりますが、利用するのにお金がかかるということもあり真剣度が高い人がよく利用しています。
しかし健全な出会い系サイトとそうでないサイトにはかなり差があり、実態としては爽やかに見えるサイトもそうではないことが多いです。
レビューなどには良いことばかりが書かれていますが、それは運営元の仕込みであることがほとんどです。
それぐらい、登録してもらうことに命をかけているのです。

例えば近くに住んでいる人を表示していかにも会えるように謳っているサイトはよくありますが、サクラばかりで全然会えなかったり、会ったら詐欺や宗教関係者ということも多いです。
悪質な場合だと登録した個人情報が漏洩し、知らない番号から連絡がきて、架空請求されたりということもあります。
欲しくもない高額商品を永遠と営業され続けることもあります。
さらに、結婚したいと思って活用している女性が結婚詐欺に引っかかるというケースも少なくありません。
自分が騙される訳がないと思っている人ほど騙されてしまっているのが現状です。

また、昔からずっとあるのが、女性側はそんなつもりはないのに無理矢理肉体関係を迫られて、半ばレイプされてしまうケースです。
出会い系サイトといえばそんなイメージを持っている人が多いですが、若い世代だと爽やかな見た目に騙されて肉体関係を持ってしまい、そこから色々と悪用されたりすることもあり、非常に危険です。

出会い系サイトはまだまだ実態が分かりにくいもので、現在も運営元がはっきりしないようなところが多いです。
運営側は守ってくれる存在ではなく、サクラを入れている側なので悪質な場合も多いです。
そのようなサイトに自分の個人情報を預けることのリスクはとても大きいです。
もちろん婚活目的のサイトでは運営元がしっかりした大企業のところもたくさんあるので、登録する前に運営会社を調べることも大切です。

このような状況はなかなか改善が図られないことが予想されます。
基本的にサイトを利用する時は自己責任で、色々なリスクを踏まえた上で使わなければなりません。
みんなやっているから大丈夫、と思っていると危険なのです。
後戻り出来ないような状況になる前に、自分でリスクヘッジしておきましょう。

関連記事